お客様の声

「マカレスター大学は、Kaloramaグループのキャメロン・ゴードン取締役と協力し、IPアドレスの販売を促進しました。2022年の秋にKaloramaと協力し始め、私たちのIPアドレスを購入する見込み候補者の特定を支援しました。私たちは数ヶ月かけて市場を探索し、最終的にIPアドレスを第三者に売却することに合意ができました。キャメロンとKaloramaグループは、IPアドレスの売却、エスクロー、交換を非常にうまくサポートしてくれました。」

Jesse Voigt(ジェシー・ヴォイト) インフラ部門アソシエイト・ディレクター

「IPv4資産売却の分野で活躍する最大級の前衛組織の1つであるMeritは、Kaloramaのサービスに非常に満足しています。彼らの専門知識、対応、協力的なアプローチは、Merit社に長期的な利益をもたらしました。他の組織にも彼らを強くおすすめします。彼らはダイナミックなグローバル環境において非常に信頼できるパートナーであり続け、価値の高いサービスを提供してくれています。」

元Merit社CEO

「Kaloramaは、IPv4ブロックの売却から取引完了まで、プロセス全体を通して弊社をサポートしてくれました。売却の金額が高額だっただけに懸念はあったのですが、Kaloramaのチームは各ステップでサポートしてくれました。プロセスはKaloramaの説明通りに進み、大きな利益を得ることができました。」

Dave Goetzel(デーブ・ゲッツェル) ITシニアマネージャー(Quad)

「私たちは、未使用のIPv4アドレスの販売を支援するため、複数の企業と面談しました。その結果、多くの企業が顧客の優先順位よりも自社の利益を優先していることがわかりました。Kaloramaは私たちのニーズに耳を傾け、一貫して私たちと直接関わってくれたため、販売の支援先としてKaloramaを選んだのです。彼らは、その後のリース要件を伴う大量売却を私たちに無理に勧めるのではなく、私たちと協力して、私たちのより大きなIPブロックを2つに分けて売却するよう協力してくれました。私はKaloramaグループを強くお勧めしますし、まだ不安がある人には対しては、どんな選択肢があるのか彼らと話すことを勧めます。」

Sean Riedel(ショーン・リーデル) レイクフォレスト大学

「ネバダ州の購買・契約プロセスは厳格ですが、Kalorama社は資格、保険、ビジネスライセンスの要件をすべて満たしている、若しくはそれ以上でした。彼らは、長年の経験と素晴らしい販売実績があり、他の候補者たちよりも際立っていました。Kaloramaを選んだことを一度も後悔したことはありません。Kaloramaは私たちの質問にすぐに答えてくれました。取引のプロセスについても、事前に詳しく丁寧な説明があり、あらゆる段階で助けてくれました。」

Kari Ward(カリ・ワード) ディレクター(ネバダ図書館協同組合)

「この売却で得た資金が、今の私たちを救ってくれています。」

Jon Kokos(ジョン・ココス) CIO(リーズ・マックレー・カレッジ)

ワシントン、2024 年 1 月 29 日 /PRNewswire/ — 大規模かつ複雑な IPv4 アドレス取引を専門とする専門顧問会社カロラマ グループは本日、2023 年末時点で 12 億ドル相当の IPv4 アドレスの売却を仲介したと発表しました。

カロラマ社ゼネラルマネージャーのジョシュ・ボーン氏は、「10年以上の事業を経て、10億ドルの大台を突破できて大変うれしく思っています」と述べた。 「このマイルストーンは、IPv4市場におけるカロラマの極めて重要な役割と、デジタル時代のビジネスの進化するニーズを満たす当社の独自の能力を強調しています。」

IPv4 アドレス (IP、またはインターネット プロトコル、アドレスの一種) は、初期の Web 以来、インターネットの基礎となってきました。 IP アドレスは、インターネットを使用するほぼすべてのデバイスに割り当てられます。

IPv4 アドレスの需要は依然として堅調です。 1980 年に IPv4 が導入され、アドレスの供給量は永遠に 43 億に固定されました。 技術分野からの需要の高まりに応えて 12 年前に IPv4 アドレスの二次市場が設立されて以来、北米だけで総供給量の 7.4% に相当する 3 億 900 万の IP がその手に移りました。 この市場は、移転されたすべての IP アドレスの 86% を受け取った、北米地域で最も取得力の高い 25 社によって支配されています。

より大きな IPv4 ブロックの価値が最も高く評価されています。 市場開始以来、価格は 1,525% 上昇しました。 アドレスの価値は最初の 6 年間はゆっくりと増加しましたが、過去 7 年間で爆発的に増加しました。 その結果、これらの固有の識別子を売買しようとする企業の市場機会は劇的に拡大しました。

カロラマは、大量の余剰 IP アドレスを所有する、または供給が充実している多数の機関に対してコンサルティングを行うことで、IPv4 市場で信頼性の高いアドバイザーとしての地位を固めてきました。 同社は大規模取引の処理に特別な専門知識を持ち、100 万以上のアドレスが関係する取引の促進に優れています。 たとえば、カロラマは、過去 2 年間だけで 4 件の 9 桁の取引と、かなりの数の 8 桁の取引についてアドバイスを行いました。

「大量のIPv4アドレスの在庫を持つ多くの企業は、数百万ドル規模のIP資産を抱えている可能性があることに気づいていないが、その大部分は不必要であり、ビジネスの中核機能とは無関係である可能性がある」とボーン氏は述べた。 「私たちは、IPv4 トランザクション プロセス全体にわたって専門家のガイダンスを提供することで、これらの企業がこのダイナミックな市場を活用できるよう支援できることを楽しみにしています。」

カロラマ、仲介型 IPv4 アドレスの売上高が 12 億ドルに到達

IPv4アドレスを購入または販売する準備ができましたか?

上部へスクロール